社会福祉法人けやきの郷│埼玉県│川越市│初雁の家│やまびこ製作所│生活介護 ワークセンターけやき│グループホーム 潮寮│第2潮寮│しらこばとの家│七草の家

 

けやきブログ

 

けやきブログ

けやきブログ
フォーム
 
川口さん、紀伊さん、結婚おめでとう
2016-10-20
利用者、職員に祝福されて
川口さん、記伊さん、結婚おめでとう
  ―タイ式結婚式は、すごかった!
 
 
やまびこ製作所の職員の川口雅巳さんと、初雁の家の記伊 恵さんの結婚を祝う会が、10月6日、やまびこ製作所で開かれました。いままでも、職場結婚は何組か生まれましたが、先輩たちと同じように、2人とも、ますます、けやきで頑張るとのこと。嬉しいかぎりです。
ところで、このお祝いの会、写真でみるように、何とタイ式結婚!どうして?それは、新郎の職場で働いている職員の1人、タイ出身のスパタラーさんのアイディアによるものでした。スパタラーさんは、日本の方と結婚して、いまは、川越市に住んでいますが、才色兼備、エネルギーの塊で、埼玉県の「親善大使」でもあります。
当日、やまびこの利用者、職員、私、初雁の家の上司、総勢40名が見守る中、新郎は、タイの国王よろしく、豪華絢爛たる刺繍入りの帯を肩からかけ、新婦は、袖の膨らんだレースのブラウスに、ふわふわのスカート。「すごーい」「きれーい」の声と万雷の拍手の中、これもスパタラーさんがタイ式に飾りつけた祝宴のテーブルに着席。
ここから、タイの結婚式がはじまりました。まず、私からのお祝いの言葉につづき、利用者・職員の祝辞。つづいて、ランの鎖の花輪を、新郎・新婦の頭に乗せるのです。これは、花輪で結ばれた2人なんだよ、この絆は永遠なんだよ、という意味だそうな。そして、花輪で結ばれた新郎・新婦の手に、出席者が1人ずつお茶碗でお水をかけます。テーブルの前のパネルには、みんな思い思いのお祝いの言葉を書きました。中には、「お仕事がんばります」と書いた人もいましたね。字のかけない人は、○を描いたり・・・。
式が終わると、いや、式の最中から、これも、スパタラーさん手作りのタイカレー。これが、おいしいんです!緑いろで、辛いんだけどあまい!カービングサラダ。それから、やまびこ職員手作りの焼きそば、焼き肉、フルーツも山盛り。出ること出ること。
宴もたけなわとなると、これも、やまびこ恒例のカラオケ・踊りと、いつもの作業場が、まばゆいばかりの宴会場と化しました。
最後は、ウエディングケーキで締め。大きな大きなケーキを、新郎新婦が切り分け、みんな、とりわけ利用者が大満足で、2人の船出を祝いました。
感じたのは、「働くことを療育の中心に」「集団自立―障害の重い人も軽度の人も、集団で自立していこう」の理念のもと、お互いに支え合い、助け合って、いまや、仕事を、自分の存在を誇りとする人間として生きていっている、そのエネルギーのすごさです。1人のエネルギーが、全員のエネルギーとなって膨らんでいく、そのすごさです。
雅巳さん、恵さん、
あなたたちは、そのエネルギーの起爆者の1人です。
いつまでも、お幸せに!                        (理事長 阿部叔子)
 
qrcode.png
http://keyakinosato.net/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人けやきの郷>> 〒350-0813 埼玉県川越市平塚新田高田町162 TEL:049-232-6363 FAX:049-232-6367